スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

EASTツアーへ③最終

20日に行われたKPOP EXPO ASIAの開幕式でのオープニングコンサートと翌日のコンサートが無事に終了しました。 予定よりもだいぶ時間を過ぎて始まった開会式では国家斉唱や、開催関係者や市の関係者の方々の挨拶が続く中、予定の時間をとっくに過ぎても全く演奏を始める案内がないまま、ボーーーゼンとしてると、突然「はい!準備して!」と言われワラワラとメインステージの壇上へ。 色んな国や地域に、何処何処時間(例えば沖縄時間)とかよく聞きますが、ここ韓国にもコリアタイムというのがあるらしく、色んな場面で時間に正確ではありません。ホテルの近くのカフェでコーヒーを頼んでも30分以上出てこないとか、リハーサルや本番の時間が遅れるとか当たり前の事でして…リハーサルやサウンドチェックなど、日本の様に丁寧に納得がいくまでなんて到底出来ません、PAさんや機材業者も当日まで何をやるどんなバンドが来るのか聞かされてなく、一先ず要るだろうと言う想定の機材だけ持ってくる状態。でも、結局本番はちゃんと出来るんです(笑)個人的にはこの韓国のノリは大好きです。 開幕式のオープニングの演奏ではEASTの曲の中でも代表的なものを4曲演奏し、関係者、来賓の方やお客さんに大変喜んで頂くことが出来ました。尚、この模様はテレビでも韓国全土に放送されるらしいです。 そして、翌日はメインステージよりは小さめのサブステージで約1時間ほどのコンサート。前日のオープニング同様、サムルノリと韓国舞踊の舞を曲に取り入れての演奏は演者からみてもかなりテンションの上がる素晴らしいステージでした。
このグループ、第一建設という会社の音楽事業を担う部門に属するグループで音楽だけで収益を上げようとする組織とは一線を画し、国内外問わず芸術・文化交流を図る目的で音楽活動を展開してるところです。韓国や国内にもその意思を高く評価される方々も多く、参加させていただくだけでも大変に多くの事を勉強させていただきます。 自分も音楽をやる者の一人として決して忘れてはいけない部分だといつも気づかされます。今回も大変に関係者の方、久々にご一緒させていただいた先輩ミュージシャンの皆様には大変にお世話になり沢山学ばせていただきました。本当に感謝の気持ちで一杯です。そして感謝するだけでなく報恩感謝が出来るよう気持ちを新たに、また今日からスタートです。

EASTツアーへ②

昨日からソウルに入り明日開幕のKPOP ASIA2014に備えております。前回EASTの韓国ツアーに参加したのは昨年の春、その時にお世話になったバス会社の方にまたまたお世話になり、全ての移動を支えていただきます。このバスがかなりゴージャス、一席一席がファーストクラスのような椅子。
そして、今回滞在してるのは会場の仁川からは少し離れてるソウル直轄市と言うところ。 ここがかなりイケてるとこで、ホテルの徒歩二分の場所に立ち飲み屋や大衆居酒屋(と言っても肴は全て豚足)も沢山乱立する市場の様な場所があり歩いてるだけでも楽しいところです。 本日の仕事は午前中の二時間のリハーサルだけなので、EASTの皆さんと昼食 のあと、今夜の大前夜祭(宴会)に向けて市場で色々買い物。 明日は15:20〜開幕式のメインステージで そして明後日はサブステージで 二日に渡っての公演です。 楽しみー

EASTツアーへ①

急遽舞い込んできた韓国ツアーの鬼のスケジュール調整も周囲の方達のおかげでどうにか丸く収まりました。ご協力頂いた方々には大変にお世話になり感謝申し上げます。東京在住時にお世話になってましたオカリナグループ"EAST"のメンバーとして渡韓します。16日の夜から仕事で翌日の日中はサボってたツアーの準備をしてるとあっという間に夕方になりましてお誘い頂いてたJAZZのセッションに行ってまいりました。 サックスの入江美香さんにお誘い頂いたピアノと僕のトリオで、スタンダードを。当日いらっしゃった山脇さん(g),坂口さん(b)も演奏に加わってのライブは大変楽しかったです。終了後、帰宅して準備の続きをして2時に準備完了、家を出るのが5時過ぎと、前日から殆ど寝る時間もなく身体も疲れてるはずなのですが、これから海外で演奏させていただくと思うと、またまた元気が出てきます。
先日から頻繁にライブ出演させて頂いてる、東心斎橋のBARダイソンのブッキングもようやく落ち着き、一先ず今月のスケジュールはなんとか埋めれた形になりました、こちらも沢山のミュージシャンの方々に無理を聞いていただき本当にありがとうございます。
言ってる間に10月になってしまうのでユックリはしてられないのですが、またこのブログもしくはFacebook等で纏めてライブスケジュールもアップしていきたいと思います。
只今、東京から発つ他のメンバーと合流する為大阪から成田へ向かう車中でございます。久々の早起きは気持ちいい。でわ行ってまいります。

夏休み最後のa slice of life

先日の日曜日に行われたa slice of lifeのライブが無事に終了しました。
ビブラフォン奏者、戸高一生氏の、その名のとおり人生のワンシーンを切り取ったかのような映像感あふれる心地よくも力強い曲を、またまたこのすばらしいミュージシャンと共に楽しむことが出来ました。たくさんのお客さんにおこし頂き本当に感謝しております。

この日MCで戸高さんが仰ってたのですが、最近の学校の夏休みはどうやら必ずしも8月31日まででは無いようなんですね。色んなところで夏休み最後の日の・・・みたいな事を言い(書き)まくってたんですが、昭和の後期もしくは平成生まれの方からすると、いつの時代の話をしてるのかと思われたかもしれませんが、僕らにとってはいつまでも8月31日は夏休み最後の日なんです(笑)

そして、他のグループでもよくご一緒させて頂くSasapong(写真左)が、京都を離れることによりこのメンバーでのライブは少し間を空けることとなるようですが、また次回の予定が決まり次第、僕からもお知らせさせて頂けることを楽しみにしています!!

前回のライブの後に撮った写真と、今回の写真を見比べて自分の写真写りの表情のパターンの少なさに唖然とするばかりですが(笑)他の表情もごらんになりたいという奇特な方がありがたくもいらっしゃった場合は、Facebookで友達申請してきてください。あまりおおぴらに見せれない見苦しい写真等もたまにはUPされておりますので^^;
https://www.facebook.com/takanori.murakami

音楽を通じて、いろんな方と出会い、思いを重ねていけることに今日も感謝しつつ・・・